エンリッチド・エア・ナイトロックス

エンリッチ(EANx)特集

ダイビングの安全性がグンと向上する!!
いま話題沸騰のエンリッチド・エア・ナイトロックス!!

エンリッチド・エア・ナイトロックス(EANx)って?

エンリッチド・エア・ナイトロックス

普段私たちが呼吸している空気は、酸素21%、窒素79%という組成ですが、ダイビング中に窒素が体内にたまるのを抑えるため、酸素の濃度を増やしたAIRの事をエンリッチド・エア・ナイトロックスといいます。

Enriched Air Nitroxの頭文字をとって「EANx」と表すこともあり、xの部分には酸素濃度が表示されます。レジャーダイビングでは、主に酸素32%の「EAN32」や酸素36%の「EAN36」が使われています。

なぜ安全性が高いと言われているのか?

EANxは空気よりも酸素濃度を高くし窒素濃度を下げることによって、体内に蓄積する窒素量が少なくてすみます。窒素は体内に蓄積すると減圧症を引き起こすリスクがあるため、EANxならそのリスクを軽減し安全性を高めることができます。

どんな人にオススメですか?
  • 長時間潜りたい人
  • 一日に複数回ダイビングする人
  • カメラ派ダイバー
  • 翌日の飛行機搭乗時間の早い人
  • 中高年
  • 喫煙者
  • 運動不足の人
  • 減圧症経験者
  • 体脂肪率の高い人
  • 脱水症状になりやすい人
そもそも減圧症ってなんでしたっけ?

ダイビング中に体内に溶け込んだ窒素が浮上時に気泡となり神経を圧迫したり血管を閉塞したりして体の不調が生じる病気です。窒素は深く潜れば潜るほど、水中に長く滞在すればするほど体内に蓄積されるため減圧症のリスクが高まります。これを防ぐにはダイブテーブルやダイブコンピュータに従って無理のないダイブプランを実行すること、浮上速度を超過しないこと、安全停止を守ることは必至ですが、さらにEANxを使用すれば減圧症を防ぐ強い味方にもなります。

< 主な減圧症の症状はこちら >

  • 筋肉痛
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 倦怠感
  • 呼吸困難
  • 意識障害
  • 肩こり
  • 手足のしびれ
  • 息切れ
  • かゆみ
  • むくみ
  • 皮膚の発疹

エンリッチド・エア・ナイトロック(EANx)のメリット

エンリッチド・エア・ナイトロックス

通常の空気に比べ窒素の濃度が低い為、同じ深度や時間で比較した場合、体内に留まる窒素の量を抑えることができ、減圧症のリスクが軽減されるというメリットがあります。
症状としては、呼吸が楽、頭がクリアになる、頭痛が少ない、睡魔がなくなる気がする、疲れにくい気がする、減圧症が予防できる、空気より長時間ダイビングができる。減圧症のリスク軽減、減圧不要限界が延長される、反復潜水の窒素負荷が少ない、ダイビング後の疲労感が少ない、飛行機搭乗前日でも安心です。

※EANx用ダイブテーブルやコンピュータに準じて深く長く潜ってしまうと空気と同じリスクになります。空気用のダイブテーブルやコンピュータに従いダイビングする事で減圧症発生率は低下する可能性があります。

【メリット1】 減圧症のリスクを軽減

EANxを使用すると通常の空気の時と同様のスケジュールで潜った場合、体に溶け込む窒素が少なくなります。減圧症の原因となる窒素が少なければ、浮上後気泡ができる可能性が低くなる。減圧症にかかるリスクを抑えることが期待できます。特に減圧症が心配な上記のような人にオススメです。ただし、減圧不要限界に余裕を持ったダイブプランで水面休息も空気と同じように十分にとることが重要です。

【メリット2】 減圧不要限界が延長されます

減圧不要限界は、各水深で滞在できる制限時間を示しますが、窒素濃度の低いEANxなら通常の空気よりもそれが延長されます。例えば、水深20mのフラットな砂地の上を長い時間ダイビングするスタイルで、EANxを使い減圧不要限界に余裕を持って撮影できたと言います。通常の空気での水深21mの減圧不要限界は37分ですが、EANx32%なら同じ水深で58分と差は歴然です。ただし、減圧不要限界ギリギリまで使うとリスクは大きいので注意が必要です。
水深15m~30mくらいで生物を長く観察・撮影するならEANxがオススメです。

【メリット3】 反復潜水の窒素負荷が少ない

1日に複数回のダイビングを予定している場合、どうしても減圧不要限界は短くなってしまいます。1日に早朝もナイトも入れ4~5ダイブする日では、深度を下げることが難しくなってくるので、1日に複数回ダイビングする場合はEANxが欠かせません。3、4ダイブ目で行ける深度が通常の空気とは違うので、観察や撮影にかけられる時間も変わってきます。同じ水深に長く滞在することができるメリットは嬉しいです。せっかく石垣島まで来たのだから沢山ダイビングして楽しむ為にはEANxです。

【メリット4】 ダイビング後の疲労感が少ない

ダイビングをしたならば少なからず体に疲れを感じますが、EANx利用者の中には空気の時と比べるとダイビング後の疲れや、頭痛、眠気が少ないとの声も聴かれます。疲れが少ない分、ダイビング後の移動中に睡魔に襲われることもなく、ログ付け中の眠気も少なく、石垣島のアフターダイビングも楽しめます。
使用感は個人差があるので本当に疲労感がないのかは実際に試してみましょう。

【メリット5】 飛行機搭乗前日でも安心

ダイビング後の飛行機搭乗は、反復潜水の場合、18時間以上空けなければなりません。このルールを守れば高所での減圧症リスクはゼロになる訳ではないのですが、EANxを使用してこのルールを守れば、よりリスクが低くなります。
特に飛行機搭乗時間が早く前日の18時間前ギリギリまでダイビングをする場合は、EANxの使用がおススメです。より安全性が高まります。

EANx講習

PADIエンリッチド・エア・ダイバースペシャルティコースは、一日で取得可能な手軽さも魅力的です。
このコースの詳細は「各スペシャルティコース・詳細」のエンリッチドエアダイバーSP欄をご覧ください。

学科講習
PADIダイビング講習

エンリッチド・エア・ダイバースペシャルティコースの最初のステップはマニュアルとDVDでレクチャーを行い、酸素比率が上がった場合のメリット・デメリットなど専門的な知識を身につけます。ダイビングを楽しむ上でのガイドラインや使用する器材、EANx専用のダイブテーブルでの潜水計画の立て方などを学び、最後に筆記試験があります。

海洋実習
PADIダイビング講習

エンリッチド・エア・タンクを実際に使って海洋実習を行います。
酸素濃度をダイブコンピュータに入力する方法は講習後に忘れやすいのでしっかり覚えましょう。ダイブコンピュータに設定された最大深度に気を付けながら無理のないダイブプランでエンリッチド・エア・ダイブを楽しみましょう。お持ちのダイブコンピュータの取扱説明書は必ずお持ちください。

講習終了後
PADIダイビング講習

エンリッチド・エア・ダイバーSP認定カードをGETすれば世界中でエンリッチド・エア・ダイビングが楽しめます。エンリッチド・エアを利用できるダイビングエリアは急速に広がってきており、ほとんどのダイビングエリアで利用できます。EANxでダイビングをしたいときは利用サービスに問い合わせください。必ずエンリッチド・エア・ダイバーSP認定カードを持参し、お持ちであればダイブコンピュータの設定方法は必ず覚えておきましょう。

EANxを使用する際の注意事項

  • EANx=100%安全ではない
  • 深度制限がある
  • 専用のダイビング器材が必要
  • 使用する為には講習を受ける必要がある

※EANxには数多くのメリットがありますが、100%安全ではありません。

学科講習でも教わりますが、酸素濃度が高いことで酸素中毒の危険性もあります。水深が深ければ深いほど濃い酸素を吸うことになり、最大水深が空気よりも制限されるのでそれらを守ってダイビングする事、ダイブコンピュータに酸素濃度を設定すると最大水深が表示されるので必ずその水深を守ってダイビングをしましょう。減圧不要限界が延長されたからといって油断は禁物です。エアの消費の速さは通常の空気と変わらないので、長く潜れると勘違いしないようにしましょう。

一般的なガイドラインでは、40%以下の酸素濃度のEANxでは、通常の器材がそのまま使用できるとされていますが、器材メーカーによっては異なる場合もありますので、使用する器材メーカーの奨励する手順に従ってください。EANxのタンクを借りるには、コースを受講していることが条件となります。

また、空気で潜るダイバーと一緒に潜る時は、深度や潜水時間をEANxで潜るダイバーに合わせてしまうと空気ダイバーのリスクが上がってしまうので、EANxダイバーが空気ダイバーに合わせることが基本です。

BLOG ☆ファンダイブ/講習☆

BLOG ☆体験ダイブ/シュノーケル☆



★ 器材メンテ&保管サービス ★

★ YDS☆Field イベント&ツアー情報 ★

〒907-0011
沖縄県石垣市八島町1-5

TEL:0980-87-0115
FAX:0980-87-0117
(予約受付:7:00~22:00)


八重山ダイビング協会加盟店

PAGE TOP