八重山諸島&石垣島・年間海カレンダー

八重山諸島&石垣島
年間海カレンダー

亜熱帯に属する沖縄 八重山石垣島ですが、『常夏』というわけではありません。
八重山石垣島にも四季があり、気温、海況、水温などは変わります。
服装やダイビングの装備は、季節に合わせて用意するようにお願い致します。

八重山諸島・石垣島へ行くべき10の理由
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
季節 初夏 梅雨 晩夏 晩夏
気候 北寄りの風が吹き沖縄も冬。 一週間毎に暖かくなる。 晴れれば夏日。日焼けすることも。 5月中旬~6月中旬が梅雨。晴れればトップシーズン! 天気、海況共に最高!
台風シーズンでもある。
晴れれば海水浴も可能。肌寒い日が増える。
服装 沖縄で一番寒いのがこの時期。日中15℃を下回ることもあるので防寒具を忘れずに。 朝晩は冷えるので薄手の上着は必須。 1年で最も過ごしやすい時期。長袖シャツは用意。 晴れれば半袖でOK。念のため長袖も用意。 夏本番!半袖短パンでOK。日焼け対策を万全に。帽子、サングラス、薄手のパーカーやシャツは必須。 まだまだ夏!日焼け対策は万全に。 徐々に暑さも和らぐ。羽織るものを忘れずに。 半袖では寒くなってくる。長袖+パーカー等を準備。
紫外線 弱い 日により強い 強い 非常に強い 強い 日により強い 弱い
海況 北寄りの風で時化ることも多いですが、冬ならではのポイントへ行け、ゲストも少なく穴場。ボートコートなどで防寒対策を。 短い前線の通過が多く、天気は変わりやすい。時化の冬型は収まってくる。 中旬には梅雨となるが、本土のようにジトジト降り続くことは少ない。海況は比較的安定。 空も海況も星空も安定。
台風さえ来なければ最高なベストシーズン!
少しずつ冬型の気圧配置となり、時化る日もある。 曇りがちの日が多くなる。
適正
スーツ
5mmウェットスーツ+フードベスト
+ボートコート
(ドライスーツもお勧め)
5mmワンピース
(寒がりな人はフードベスト)
3~5mmウェットスーツ
(寒がりな人はフードベスト)
5mmウェットスーツ+フードベスト+ボートコート
(ドライスーツもお勧め)
風向 主に北風。 くるくると変わりやすい風。どちらかというと北風。 南寄りの風が多くなってくる。梅雨明けの後は夏至南風(カーチバイ)が吹く。 南寄りの風で夏真っ盛り。 後半には北寄りの風が多くなる。
平均
水温
21℃
|
23℃
20℃
|
21℃
21℃
|
24℃
23℃
|
25℃
25℃
|
27℃
27℃
|
29℃
27℃
|
29℃
27℃
|
29℃
27℃
|
30℃
26℃
|
29℃
24℃
|
26℃
22℃
|
24℃
平均
最高気温
約21℃ 約21℃ 約23℃ 約26℃ 約28℃ 約30℃ 約32℃ 約32℃ 約31℃ 約29℃ 約26℃ 約23℃
平均
最低気温
約16℃ 約16℃ 約18℃ 約21℃ 約24℃ 約26℃ 約28℃ 約28℃ 約27℃ 約24℃ 約21℃ 約18℃
見所 川平石崎マンタ
黒島・屋良部崎・大崎、
水面マンタ
デンジクダイ系の群れが大きくなる
一年で一番魚影が濃い
黒島・屋良部崎・大崎、水面マンタ
イソマグロやバラクーダ遭遇率アップ 各種生物の産卵がピーク イソマグロやバラクーダ遭遇率アップ
コブシメの求愛・産卵 マンタの求愛行動
ウミウシ天国 ウミウシ天国
サンゴの産卵
川平・石崎
マンタ
遭遇率
遭遇率 △(低い)
波が高いためポイントへ行くことができない。且つ、遭遇率も低い。
遭遇率 ○(とても安定)
年によって異なる。
遭遇率 ◎(高い確率でマンタを見ることができる)
個体数が多い。
遭遇率 △(低い)
混雑度 閑散期 繁忙期
春休み
GW以外は閑散期 繁忙期
海の日あたりから夏休みシーズン突入
閑散期
八重山諸島・石垣島へ行くべき10の理由

< ご不明点がありましたらお問い合せください!! >
0980-87-0115

BLOG ☆ファンダイブ/講習☆

BLOG ☆体験ダイブ/シュノーケル☆



★ 器材メンテ&保管サービス ★

★ YDS☆Field イベント&ツアー情報 ★

〒907-0011
沖縄県石垣市八島町1-5

TEL:0980-87-0115
FAX:0980-87-0117
(予約受付:7:00~22:00)


八重山ダイビング協会加盟店

PAGE TOP